いつまでも君と……

愛犬のために わたしたちができること

老犬ってね、可愛さの宝石箱みたいだなって思うんです。

f:id:fukuichrin:20170915181826j:plain

撮影&文:奥村來未

我が家の愛犬Mackは、18歳。
人間で言えば、90歳になろうかというところでしょうか。
そんな彼は、目は白濁し、痩せたり、毛が抜けたりと、見るからに老いています。
Mackを客観的に見ると、ただの老犬だと思う方が、圧倒的に多いのだろうと思います。

ところが、老いたMackには、沢山の可愛さが詰まっています。
愛犬だから、可愛いのは当然なのですが、そればかりではないように思います。
身体のあちこちから、何とも言えない味わいのようなものが、滲み出ている気がするのです。

実は、シニア犬の飼い主さんでも、その年齢ゆえの可愛さに、気づいていない人もいるのではないかな? と感じることがあります。

f:id:fukuichrin:20170921002206j:plain

ところが――
不思議なことに、子供達は何故か、老犬の可愛さを見つけることが出来るようです。

私の娘(8歳)のお友達たちは、ほとんどが幼稚園からずっと一緒で、Mackが寝たきりになる前から知っている子がほとんどです。
その子たちは皆、Mackのことを、他の若い犬と区別して見ることはありません。

Mackが膿皮症を患い、背中一面焼けただれたようになってしまったときも、はじめて見るその光景を嫌いもせず、心から心配してくれて、中には涙を流す子もいました。

今、ずっと寝たままになったMackに会うと、皆何故か教えたわけではないのに、静かにそっとMackに近づき、満面の笑みで頭を撫でてくれます。五分でも、十分でも。

もちろん、娘には幼稚園が同じではない、小学校からのお友達も居ます。
その子たちも皆、Mackを拒否すること無く、とても愛おしそうに接してくれます。

 

f:id:fukuichrin:20170921002752j:plain

「今のMackが一番可愛いね!」
 ――そう言ってくれた子がいました。

なんで?と私が聞くと、その子は視線を落とし、Mackにをとても愛おしそうに見つめながら「だってね、とっても綺麗だよ」と言ったのです。
私はてっきり外見のことかと思いましたが、その子は続けて「赤ちゃんみたいに優しい目と、雰囲気。綺麗だよね!」と言いました。

「綺麗……」

その子は、自分なりの精一杯の言葉で、その時素直に感じたことを表現したのでしょう。大人ではなかなか、思いつかない言葉だと思います。

 

f:id:fukuichrin:20170921003248j:plain

老犬になると、よだれや、目やに。
そして糞尿で、お尻まわりが汚れることが多いのです。

愛犬だから、愛おしいし可愛い。
しかし――
「綺麗」という言葉は、私も頭に浮かんだことはありませんでした。

その子の一言は今でも、そしてこれからも――、私の宝物です。

 

f:id:fukuichrin:20170921003724j:plain

老犬にはシニア、ハイシニアになるまでの頑張りが詰まっています。
そして、今も頑張っている――

犬は辛さを隠す動物。
きっとMackの今の頑張りは、相当に大変なものです。
思わず、褒めてあげたくなるくらいに――

街で老犬を見つけたら、どうか瞳をじっと覗き込んでみてください。
きっとその子の可愛さを、見つけることができると思います。

 

文:奥村來未

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:fukuichrin:20170808121637g:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ