いつまでも君と……

愛犬のために わたしたちができること

新しい決意 ~クリンがうちの子になったのは~

f:id:fukuichrin:20170811015928j:plain

撮影&文:福井恵子

今から16年前の2000年4月、うちで飼っていた猫のニャンシューが14歳でこの世を去りました。弟からの連絡で実家に帰ったときには、首に大きな腫瘍を作ってガリガリに痩せこけていました。その腫瘍は突然現れたようで、病院でも手の施しようがないと言われたそうです。

ニャンシューが旅立ったのは、それから数日後の朝方でした。
最期の瞬間、私は苦しくて苦しくて、ひとりでずっと泣きながら撫でてました。
正直に言うと、それまでは「死」を考えないようにしてたんです。
怖いから逃げてたというか……

 

f:id:fukuichrin:20170811020046j:plain

ずっと前に祖母が亡くなる前も、みるみる弱る祖母を直視できず、私は見て見ぬ振りして「いなくなってしまう」ことから逃げてしまいました。
実はこれ、今でもずっと悔やんでいることです。

ニャンシューの旅立ちから立ち直れないまま、1週間ほど経った4月半ばのことでした。
「ミニチュアダックスの仔犬、いりません?」
私は突然、後輩から声をかけられました。

当時、友人宅に下宿していたこと、仕事が忙しく帰りも遅いことなど、とてもじゃないけど飼えるような状況ではありませんでした。本当ならすぐに断ってたと思うんです。でもその時、なぜか断れませんでした。

うまいこと言えませんが、何か感じるものがあったんですよね。
きっとダメと言われるだろうと思いつつ、とりあえず下宿先の友人に聞いてみたところ、なんとOKでした∑(゚Д゚)

 

f:id:fukuichrin:20170811020355j:plain

後輩に欲しいと伝えたのは、話を聞いて1週間ほど経った頃でした。
実は後輩から、今回産まれた子の中で、最後の1頭だと言われていたんで、もしかしたらもう貰い手が見つかったかも――、と思ってたんです。

でも何と! まだいるって言うじゃないですか!

そしてその子は、後輩に連れられて、4月28日に名古屋から新幹線に乗ってやってきました。待ち合わせたのは、京都駅新幹線口でした。
キャリーバッグを受け取り、隙間からそっと中を覗くと……

いました! そこには茶褐色の小さい仔犬が!

わたしの頭の先から、「母性」がブッシュ~と噴き出たのがわかりました。
帰り道も、私はその子のことが、気になって気になってしょうがありません。
とうとう我慢できず、京都駅の地下通路でそっとバッグを開けてみました。

小さな体のその子は、キャリーバッグから顔を出し……
「キューンキューンキューン」

この瞬間、我を忘れました。
もうね、もうね、この子のために頑張る!わしは負けへん!
それくらいの決意でした(笑)

 

f:id:fukuichrin:20170811020427j:plain

目がクリクリしてたので、名前は「クリン」にしました。(そのまんま笑)
それまでお母さん犬と一緒に過ごしていたため、寂しがるのでは、と心配してましたが、クリンは初日から夜鳴きも一切なし!ずっと尻尾フリフリでわたしの後をついてきてくれました。
目に入れても痛くないとはまさにこのこと。なんなら入れたい。ずっと入れときたい。

16年も前のことですが、めっちゃ鮮明に憶えてます。普段はろくでなしと言われるほど、記憶力悪いんですが(笑)

本当に、あっという間の16年でした。
わたしにとってクリンは、辛い日々から救ってくれた救世主であり、人生のパートナーであり、大切な大切な我が子です。生活習慣もガラッと変わりました。それまでは毎日外食でしたが、仕事が終わると一目散に帰宅。休みはずっとクリンと過ごしました。

あれほど命と向き合うことを恐れていたのに、クリンと生活する中で、命と向き合うことを教えてもらいました。そして、疲弊しきっていたわたしの生活に、たくさんの幸せとたくさんの喜びを運んできてくれました。

きっと、友人や恋人とは違う「自分が守るべき存在」ができたことが、すごく大きかったんだと思います。

 

f:id:fukuichrin:20170811020455j:plain

現在クリンは16歳3ヶ月(執筆当時)。人間でいうと81歳のハイシニアになりましたが、私のクリンへの愛情は歳を重ねるととに深まり、益々可愛くてしかたなくなってます。

クリンと出会えたことが、わたしにとっての財産であり、クリンとの生活のために仕事を頑張ることができ、一軒家を買うことができました。
それほどまでに、人生に潤いを与えてくれた存在です。

元気すぎて、現在のクリン――、ヒートから食欲不振に陥ってますが(あかんやん)、ギネス記録目指して頑張ってもらいます。(まあまあ本気)

 


犬の名前:クリン
犬種:ミニチュア・ダックスフント
飼主:福井恵子
※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

f:id:fukuichrin:20170808121637g:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ