いつまでも君と……

愛犬のために わたしたちができること

我が家の、命の大先生 ~マロンがうちの子になったのは~

f:id:fukuichrin:20170808170346j:plain

 撮影&文:黒柴マロン

実は初めは、娘はウサギを欲しがっていたんです。あまりに娘が熱心なもので、主人が娘と何やら約束事をたんです。それが始まりでした。娘は大喜びでしたね。壁に『ウサギ』と書いた紙を貼って、それから主人との約束をずっと守っていました。
出かけた先にペットショップがあれば、娘は必ずウサギのコーナーに主人を連れていっては幸せそうにみていました。

しかし、主人は適当に相槌をうって、10分も経たずに犬のコーナーに。
柴犬が可愛い! やっぱり犬や~! やっぱり柴や~!

主人は犬が良いと口では言いますが、買う気なんてありません。
子供にウサギを諦めさせるために、そうしているだけなんですから。

でも、娘の方が一枚上手かな。主人の性格が分かっているので、さっさと気持ちを切り替えて、「犬も好きだから、それでいいよ」って……

 

f:id:fukuichrin:20170808170712j:plain

それで結局、犬ってことになったんです。
娘はミニチュアダックスかポメラニアン希望でしたが、わたしが犬を飼うのが初めてなので、お手入れが楽で、なるべく経費が掛からないことを必須条件にしました。

主人は子どもの頃、捨て犬を連れ帰り、家で飼っていたらしいのです。でもそれはずいぶん昔で、外飼いだったし、しつけも今ほど言われない時代のことなので、経験は当てにできません。しかも面倒くさいこと、時間がかかること、お金がかかることは、逃げるか丸投げ。

だからわたしが最後まで面倒見る覚悟ができない限り、日々の世話をしてあげられないことは確実です。

あ、でもね、主人は犬を捨てる事が絶対にできない人。ですからそこは安心していました。

 

f:id:fukuichrin:20170808170611j:plain

早速私は、何軒もの本屋を回りました。主人が柴犬に固執していたので、柴犬の本を立ち読みしに行ったのです。

そして、犬の性格や、お世話やしつけの方法など、自分の中にシッカリと叩き込んでから「ヨシッ!」と覚悟を決めました。

「絶対に不幸にしない。とことん向き合って面倒見る!」
そう決意して、いよいよ主人の説得へ……

主人は渋々ながらOKしてくれました。

 

f:id:fukuichrin:20170808170809j:plain

はじめは、愛護センターの子で探そうと思ったんです。しかし、1歳過ぎてる子がほとんど。

「長く一緒に居たいから、ペットショップで売ってるぐらい小さい仔がいい」
それが主人の希望です。

他にも無茶な希望が続々。

「面談、マッチングで何度も足を運ぶのは嫌」
「十万超えてるのは納得いかない。」
「迎えに行くのが遠すぎる。」
「命に高い値段をつけるのはおかしい。」

などなど……

 

f:id:fukuichrin:20170808170838j:plain

娘と約束したし、わたし自身も子供の頃から犬を飼いたくても飼えなかったので、それから一生懸命ネットで調べました。
そして見つけたのが、車で20分ぐらいの場所にあるネット販売業者。連絡をしてみたら、何と直接お迎えもOKとの事です。

「直接飼育している所に迎えに行けるのなら、騙されることはないだろう」
そう思って、会いにいってみたんです。

行った先には赤柴ちゃんと黒柴ちゃんがいました。
はじめ主人の希望は赤柴ちゃんだったのですが、ブルブル震えていて、固まっています。一方黒柴ちゃんの方は、ベタベタになるぐらい胸元も腕も舐めてくれます。

これで即決定! この子がうちの子、マロンです。
その日のうちに家に連れて帰ったのですが、初日から走るわ、飛ぶわで、遂にはケージから脱走してリビングに粗相。

成長に応じて色んなイタズラやコマッタちゃんを発揮してくれたけど、とっても楽しい!
まだまだ、お互いを勉強しながら頑張らなくてはいけないことも多いけど、お母さん頑張るよ! 

マロンでよかった!!

 

f:id:fukuichrin:20170808171143j:plain

マロンが幸せなのかどうか、話せないからわからないけど、犬が表情がこんなに豊かとは知りませんでした。
勝手な思い込みかもしれないけど、犬も子供も満たされてると、表情が豊かだと思います。目が生き生きして、語りかけてくるみたい。

きっとマロンは、幸せだと思ってくれてるんじゃないかな?

生後8か月のとき、マロンは避妊手術受けました。家族での決断です。
柴犬ならみんな欲しがるから、貰い手はあるとも言われましたが、例えそうであっても、私たち夫婦はこの土地では新参者なので、貰い手の方の素性までは分かりません。
マロンの子供を見たいというだけで子供を生ませて、渡した先で不幸になったら可哀そうだと思いました。

娘は大きくなったら、ペットショップの店員さんになりたいと言います。
ペットに関わる仕事したいなら、ドッグカフェで保護犬の里親探ししてるところもあるから、命を救う協力ができる方がよくない? って言ったら、娘は「あ~っ!!そうやなぁ!!」と元気に答えました。

 

f:id:fukuichrin:20170808171227j:plain

娘はまだ小学生。昨年、動物の専門学校の学園祭に行って、気に入ったらしくて、その学校に行きたいと思っているようです。
これから、夢は変わるかもしれないけれど、娘が今みたいに、優しい気持ちになったのは、マロンが家にいてくれたからですね。

そういえば主人なんですが、飼う時にはあんなに渋々だったくせに、今では家族の中で一番にメロメロ。もうマロンの言いなりって感じです。

マロンは大事な大事な家族です。そして命のことを教えてくれる大先生です!

今年の8月9日でマロンは2歳!
まだまだ、元気に楽しく過ごそうね。

マロン万歳!!

 

 

犬の名前:マロン
犬種:黒柴
飼主:黒柴マロン
※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

 

f:id:fukuichrin:20170808121637g:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ