いつまでも君と……

愛犬のために わたしたちができること

シニア

【チェックリスト】そのしぐさ、大丈夫? ~10のチェック項目でわかる、犬の老化のサイン~

文:福井 惠子 いつまでも元気でいてほしい大切な愛犬。 残念ながら、わたしたちと同じように愛犬も歳を取ります。老化は少しずつ進行するため、毎日一緒に過ごしていると見過ごしてしまい、ある時ふと「あれ?いつもと違う」と気づくことが多いと思います。…

うちに来て幸せ? 犬を飼う者なら誰もが思う事 ~わたしの中の葛藤は、いつか笑顔に溶けて行った~

撮影&文:奥村 來未 わたしは個人的にブログをやっています。始めたのは2010年2月。今から7年半前のことでした。 きっかけは愛犬のMackです。小学生の頃から一緒に過ごしていたMackと、家庭の事情で一時、離れ離れに暮らしていたことが、わたしの中で大きな…

老犬ってね、可愛さの宝石箱みたいだなって思うんです。

我が家の愛犬Mackは、18歳。そうとうな年齢だけれど、今も頑張っています。歳を重ねた犬は、若い犬とは違う可愛さがあるように思います。歳をとらないとにじみ出な、何か特別な可愛さが。

人は犬に育てられている。私はそんな風に思う。 ~娘の成長、そして歳をとった愛犬~

撮影&文:奥村 來未 人は犬に、育てられているのだ―― 最近私は、そんな風に思う。 ● 我が家には小学二年生、八歳になる娘がいます。娘は、愛犬Mackが十歳の時に生まれました。

語られているのは、犬と飼い主の絆 ~ 決して安楽死がテーマではない「 If I Could Talk 」~

良く紹介されている動画ですが、どうも捉え方が、安楽死に偏り過ぎているように思います。この作品の本質は、愛犬と飼い主の絆なのだと思います。

【実態調査】持病と食事 ~老犬の闘病・介護、飼い主の声(1/2)~【アンケートまとめ】

犬も歳をとります。当たり前のことですが、ハイシニアになったのだと実感するのは、愛犬に何か不具合が生じた時ではないでしょうか。 愛犬が15歳の頃から少しずつ悩みが深刻になり、SNSでつながった飼い主さんからたくさんのことを教えていただきました。そ…

シニア犬向けの年齢換算表もあるのです ~犬の年齢を人間に換算してみたら(2/2)~

前回の記事では、犬と人間の年齢の換算方法は様々あり、日本で多く用いられている計算式は、欧米のそれとは異なっていることを書きました。 今回は米国で開発された、『あなたのペットは、シニアなの?』 と題されたシニア犬向けの年齢換算表をご紹介したい…

シニア犬の食べムラについて考える 〜投薬には気をつけて

シニア犬の「食べムラ」や「食い渋り」で悩む飼い主さんは多いのではないでしょうか。わたし自身、悩まされているひとりです。 年齢と共に、寝る時間が増え、活動時間が減り、内臓の動きが衰えてきます。様々な機能が衰えることで、ささいなきっかけで食べな…

【愛犬の健康】体の質は食べ物でかわる

愛犬の散歩に行った公園で、太った柴犬を連れた高齢の男性と話す機会がありました。 その男性は愛犬をとても可愛がっているようで、まるまると太った愛犬を優しいまなざしで見つめながら、男性は言いました。 「この子はちくわが大好きで、毎日ちくわを食べ…

今思うこと〜愛犬がハイシニアを迎えて

「ああ、それもできなくなってしまったのか」 愛犬が17歳を過ぎ、こう思うことが多くなってきた。 例えば、ご飯がなかなか食べられない。食べムラや食い渋りでなく、食べたそうなのになかなか食べだせない。器との距離感がうまくつかめないのだ。 水を飲むの…