いつまでも君と……

愛犬のために わたしたちができること

うちの子たちのお兄ちゃん ~マックスがうちの子になったのは~

 

f:id:fukuichrin:20170811180423j:plain

撮影&文:すかいはは

もう18年も前、うちが家を買ったときのことです。

「一戸建てを手に入れたら、犬を飼いたい」
主人が急にそう言い始めました。

私は随分と反対したのですが、主人は聞く耳をもちません。しかもよりにもよって主人が飼いたいといったのは、大型犬のゴールデン・レトリーバー。

今でこそ ネット社会になりましたが、当時はまだそんな時代ではありません。
にも関わらず主人は、ネットで見つけた、一度も会った事のない子を迎え入れると勝手に決めてしまいました。

 

続きを読む

老いに困惑しているあなたへ ~わたしが経験して来たこと、感じたこと~

f:id:fukuichrin:20170821172342j:plain

撮影&文:Dax(奥村來未)
 
このサイトに記事を書くのは初めてなので、まずは自己紹介をさせていただきます。
 
私は奥村來未といいます。
宮城県に、主人と娘、そして愛して愛してやまない愛犬のミニチュアダックスフンドの、Mack(18歳)と暮らしています。2010年2月より、アメーバで「Mackshund」というブログを書き始めて7年。ブログを始めた当初はMackは10歳でした。
 

ameblo.jp

続きを読む

悩みの賞味期限って? ~愛犬の闘病、もう一つの側面(4/4)~

f:id:fukuichrin:20170814144359j:plain

前回の『悩みの値段』に続いて、今回は 『悩みの賞味期限』 について書こうと思います。人生に悩みは尽きませんが、その悩みというものは、一体いつまで続いていくのでしょうか? そんなお話です。

今回も大学院での講義を、再現してみます。

 

続きを読む

せーので同じ名前 ~ティアラがうちの子になったのは~

 

f:id:fukuichrin:20170811174815j:plain

撮影&文:らぶプー

次女のティアラがうちに来るまでを、書こうと思います。

長女のチョコラッが2才半になり、自然と「そろそろ2番目の子を」という思いが、私達夫婦の中でありました。

うちではチョコラッが実娘のつもりだったから、2才半くらい下の子を兄弟にって、普通に思ったんだと思います。

メチャメチャ探していたわけでもなく、良い子との出会いがあれば、といった感じで、ペットショップから保護犬まで、なんとなく見ている毎日でした。

続きを読む

専門家が語る犬の足腰(2) ~獣医師、ケアマネージャー編:プロが薦める抱き方~

f:id:fukuichrin:20170809144144j:plain

前回の記事では、日頃の習慣の中で愛犬の足腰を守るためにできることを紹介しました。ほんの少し習慣を変えるだけで、かなりの効果がある、というお話をドッグケアアドバイザーの方から伺いました。

今回の記事では、椎間板ヘルニアになってしまう原因と、愛犬の足腰に負担のない「抱き方」を紹介させていただきます。

続きを読む

悩みの値段を考えたことありますか? ~愛犬の闘病、もう一つの側面(3/4)~

f:id:fukuichrin:20170814144254j:plain

本話と次話では、闘病の視点の中から『悩みの値段』 と 、『悩みの賞味期限』というお話をしようと思います。

闘病に限らず、悩みというのは実は正体がはっきりしない場合が多くて、人間は必要以上に深刻に考えてしまいます。悩んでいる時ほど視野が小さくなりがちなので、悩みが無限に大きくて、まるで自分を飲み込んでしまいそうに思えるわけです。

しかし、一歩引いた視点で考えてみると、どんな悩みも、実際はそれほどは大きくないし、いつまでも続くわけがないという事が分かってきます。

 

続きを読む

初めての自分の子 ~チョコラッがうちの子になったのは~

f:id:fukuichrin:20170811165608j:plain

撮影&文:らぶプー

チョコラッと出会ったのは8年前の2008年。
私は自分の抱えた病気が治る見込みなしとのことで、長年勤めた会社を退職し、専業主婦になった。
そしたら自然と「ワンちゃんと暮らしたいな」って。

小さい頃から、実家でいつも犬と暮らしてきたから、当たり前の思いだったのかな。
小さい犬が良いなーと思って、色々調べて、種類はカニンヘンダックスにしようと決めて、知識を増やすために色々ペットショップを回ってた。

続きを読む